こんな投資マンションが人気!入居率が利益につながる

女の人

物件管理の手間を省く

一軒家

収益物件を運用して利益を出そうと思ったら、様々な手続きや管理が必要になるでしょう。また、比較的安定した利益が期待できると言われている不動産投資ですが、やはりリスクが一切ないわけではありません。収益物件のオーナーが気を付けなければならないのが、空室リスクと家賃滞納リスクです。空室リスクとは、入居者を募集してもなかなか部屋が埋まらず、その間家賃収入が得られない事態に陥ってしまうことを指します。次に家賃滞納リスクですが、これは入居者の家賃滞納によって収入に結びつかない状態のことです。これらの問題を解決するには、不動産会社に依頼して収益物件を一括借り上げしてもらうのが最適です。一括借り上げをしてもらえば、空室があった場合にも家賃保証をしてもらえるので、毎月決まった利益を得ることができます。また、入所者の家賃滞納に対しても、不動産会社が間に入って催促や集金作業をしてくれるので安心です。

収益物件を一括借り上げしてもらえば、安定した家賃保証が受けられるほかにも、建物のメンテナンスや管理を不動産会社に一任できるというメリットもあります。共有部分の清掃や設備の定期的なメンテナンスなど、自ら行なうとなればかなりの手間がかかります。一括借り上げの契約を結べば、それらの作業を全て丸投げできるということになります。肩の荷が下りるとは、まさにこのことでしょう。
一括借り上げの契約を結ぶ際には、後々のトラブルを防ぐためにも契約内容をきちんと確認しておきましょう。